ARMYなら知ってて当然!!BTS(防弾少年団)のメンバーはどのようにして集まったのか。

K-POPとしては初のビルボードメインチャート第1位を獲得した、史上最高のアイドルグループ「BTS(防弾少年団)」。

今回は、この人たちがいかにして集められたのか、ARMYなら知っていた当たり前の情報について解説していこう。

BTS(防弾少年団)が結成された逸話

BTS(防弾少年団)を育てたパン・シヒョクが代表を務めるBigHitエンターテインメント..。
実はBigHitエンターテインメントは、BTSというグループを作る前、パク・ジニョン代表のJYPエンターテインメントから独立した小さな会社にすぎませんでした。

引用:Danmee

ソウル大学美術学科出身のパン・シヒョクは学生時代 イギリスのポップバンド デュラン・デュラン(Duran Duran)に憧れを抱いたそうです。
もしかしたら、BTS(防弾少年団)を学生時代に憧れていたデュラン・デュランをモデルに「21世紀のデュラン・デュラン」に育てると考えていたかも知れませんね。

そんなパン・シヒョクが親元(?)を離れたのは2005年のことです。
JYPエンターテインメントを出てBIG HITエンターテインメントを設立したのです。

出典:Danmee

それでは、このような小さな事務所から、どうしてこれほども大きなアイドルグループが誕生できたのでしょうか。

BTS 防弾少年団

防弾少年団は2013年6月13日にデビューした韓国の男性ヒップホップグループである。

所属事務所はBigHitエンターテインメント。 2017年から「BTS」の名前でも活動している

出典:Wikipedia

ジン

ジン
生年月日:1992年12月4日(年齢25歳)
生まれ:韓国 果川市
身長:179cm
本名:Kim Seok-jin

出典:Wikipedia

 

まず、中学生の頃。
道を歩いている時にSMエンターテイメントからスカウトされたんだけど、きっと詐欺だろうと思って逃げてしまった事がある。
そして俳優を目指し建国大学の映画芸術学科へと進学したジン。
大学に通学する途中で、今度はBig Hitエンターテインメントからスカウトされて、オーディションを受けて練習生となった。

オーディションで歌を歌った時の、審査員の反応はイマイチだった・・・という噂もある。
それまでは演技をするための発声をしていたので、歌を歌う為の発声に切り替える為に相当な努力をしたらしい。

引用:BTSファンのゆるゆるブログ

 

シュガ

シュガ
生年月日:1993年3月9日(年齢25歳)
生まれ:韓国 大邱広域市
身長:174cm
本名:ミン・ユンギ

出典:Wikipedia

 

2006年にエピック・ハイ(韓国のHipHopユニット)のFlyを聴いてヒップホップに目覚める。
シュガは、テグ(大邱)でヒップホップグループD-Townでプロデューサー(ビートメイカー)としてアンダーグラウンドで活動していた。
その頃の年上メンバーたちは、アルバイトをしながら活動をしていたが、当時は音楽でお金を稼げない事が辛かったと言う。
そして、もし自分が成功すれば、アンダー業界にもっと良い環境を作ってあげられるのではないかと思い、Big Hitオーディションを受ける事にした。
Big Hitオーディション1期で、2位に入賞してその後、練習生となった。

実は当時はアイドルになるつもりはなく、Big Hitで作曲やプロデュース業をするつもりだったらしいが、パン・シヒョクPDに「1TYMみたいなヒップホップグループを作るので、ダンスもリズムを取るくらいでOKだから入りなよ」と騙されて(?)バンタンに加入。

引用:BTSファンのゆるゆるブログ

J-HOPE

J-HOPE

生年月日:1994年2月18日(年齢24歳)
本名:チョン・ホソク
身長:177cm

出典:Wikipedia

 

もともと、故郷のクァンジュ(光州)では、すでにダンスが上手な事で存在を知られていた。
ストリートダンサーとして活躍していたホソクの、当時の芸名は「スマイルホヤ」。
光州のPLUG IN MUSIC ACADEMY(通称スンリアカデミー)に通っていた。←BIGBANGのスンリが運営していた
そのアカデミーに、BigHit関係者が来てダンスのオーディションを行った。
カメラで撮影する形式のオーディションだったが、休憩になり関係者が一旦外へ出て行き、2〜3時間後に戻って来ると、なんとJ-HOPEはずっとそこで踊り続けていたんだそう。
それを見た関係者が「この子は絶対にいける」という事でキャスティングされた。

元々、練習生時代は、ラッパーでは無くボーカルの練習をしていた。
しかし、当初の防弾少年団はヒップホップグループとしてのデビューを考えており、グループにラッパーが2人では少ないということで、ラッパーに転向した。
(その為、ラッパーのメンバーの中では1番歌がうまいらしい。)

ちなみに、Vが芸術高校に転校した頃「防弾少年団としてデビューする」と友人に言ったら「それって、ジョン・ホソクのいるグループじゃない?」と言われたくらいに有名人だった。

引用:BTSファンのゆるゆるブログ

RM

 

RM
生年月日:1994年9月12日(年齢24歳)
身長:181cm
出身:京畿道 一山

出典:Wikipedia

 

学生時代は頭の良さで有名だった。(常に成績はクラスで1、2位。全国もしではトップ1.3%の秀才だった。)
元々の夢は詩人だったが、シュガと同様にエピック・ハイのFlyという曲を聴いて感動して、ヒップホップを始めた。

アンダーグラウンドで活躍していたラップモンスターを、アンタッチャブル(韓国のHipHopデュオ)のスリーピーが見つけて、その紹介でBigHig所属のプロデューサーの目に止まり、BigHitに入る事となった。

引用:BTSファンのゆるゆるブログ

ジミン

ジミン
生年月日:1995年10月13日(年齢22歳)
生まれ:韓国 釜山広域市 金井区
身長:173cm
本名:パク・ジミン

出典:Wikipedia

 

釜山の芸術高校に主席で入学したジミンは、在学中に先生からの推薦でBih Hitの釜山公開オーディションを受けて、Bih Hitへ入った。
防弾少年団では1番遅くにデビューが決まったメンバー。(デビューの日が決まった時も、自分のデビューが確定している事は知らなかった)
遅れて決まっただけに、一生懸命練習をしていた練習の虫!

引用:BTSファンのゆるゆるブログ

V

ブイ
生年月日:1995年12月30日(年齢22歳)
生まれ:韓国 大邱広域市 西区
身長:178cm
本名:キム・テヒョン

出典:Wikipedia

 

デビュー前の夢はサックス奏者で、3年ぐら習っていたらしい。
テグ(大邱)のあるアカデミーで公開オーディションをする事を知り、受けようとしたが両親に反対されて見学だけしに行った。
しかし、帰りに道にBig Hitの新人開発チームの人にオーディションを受けに来なさいと言われ、なんとか両親の許可を得てBigHitの非公開オーディションを受けた。

そして、Vは防弾少年団の秘密兵器として、最後まで公開されなかったメンバーでもある。

引用:BTSファンのゆるゆるブログ

ジョングク

 

ジョングク
生年月日:1997年9月1日(年齢21歳)
生まれ:韓国 釜山広域市
身長:178cm
本名:チョン・ジョングク

出典:Wikipedia

 

BIGBANGのG-Dragonに憧れていたジョングクは、スーパースターKオーディションを受け、予選脱落だったにもかかわらず7社からのスカウトを受ける。
その後、Big Hitの見学に行った時に、ラップモンスターのラップをする姿がとても格好良かったので、Big Hitに決めたいみたいです。

ちなみに、ジョングクは「ダンスに感情が無い」と言われ、デビュー前の2012年7〜8月頃アメリカにダンス留学しています。
それがきっかけかは分からないけど、ダンスに目覚めてしまい「振り付けの先生の弟子になる」と言い出し、アイドルを辞めそうになったが、ジミンが必死に引き止めとのエピソードがある。

引用:BTSファンのゆるゆるブログ