BTS、韓国音楽アワード「SOBA」にみる2018年K-POPシーンの潮流。

BTS 防弾少年団

韓国では年末の賞に向け、早くも動きがでている。8月30日には音源配信サイト『SORIBADA』による「2018 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS」が開催され、今年の賞レースがスタート!授賞式では2018年のK-POPを感じさせる様子となった。

大賞はBTS(防弾少年団)、音源大賞は2年連続のTWICEが受賞

「2018 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS」は韓国にある主要音源配信サイト『SORIDABA』による音楽アワード。昨年2017年より開催され、今回で2度目になる。音源のストリーミング再生とダウンロード、さらにはインターネット投稿から運営委員団、専門員団の評価が対象となる。

今年の大賞受賞グループは、やっぱりBTSだった。これは多くの視聴者が予想していた結果ではないだろうか。韓国アーティストで初めてビルボードを制したBTSなのですから、驚くことはないでしょう。この受賞においてリーダーのRMは「特別ではないと思っていた7人の少年を、特別にしてくださったのはみなさんです。僕たちの存在でみなさんの一日が特別になったら嬉しいです。」とコメントした。

※参考Newsen

音源大賞を受賞したのは2年連続のTWICE。これも特に驚くことがない予想通りの授賞だったのではないだろうか。今ではどの楽曲を出しても大ヒットさせられるようになった彼女たちは、すでにK-POP界において、“最強のガールズグループ”と言えるだろう。