BTS(防弾少年団)のコンサートでARMYがセクハラ被害!!カナダ公演で苦情が相次ぐ

BTS 防弾少年団

BTS(防弾少年団)のカナダ公演で、ARMYが警備員からセクハラ被害を受けたという苦情が相次いでいる。

 

BTS(防弾少年団)は9月20日、22日、23日にカナダ・オンタリオ州ハミルトンでコンサートを開催。

このカナダ公演の2日目に事件は起きた。

コンサートを仕切っている警備員により、韓国人ARMYに対する差別やセクハラ被害があったのだ。

ある韓国人ARMYは「自分が韓国人であるがために、セクハラの被害を受けた。」と投稿。

彼女は強制的に入場の列から外され、カメラを隠していないか持ち物チェックをさせられたという。

また、不正なコンテンツを撮影するつもりがないことが分かった後でも、警備員により、フラッシュライトで胸をたたかれたそうだ。

 

さらにこの投稿後、次々の韓国のARMYから同様の苦情が相次いだ。

「入場するときに、カバンをセキュリティーロッカーに預けて、コンサートを見に行きました。終わった時、カメラに入っていたメモリーカードがなくなっていることに気が付きました。なぜ私のカバンを許可なしで探って、なにも入っていないメモリーカードを抜くの?」

「髪をひっぱる?スカートをチェックする?棒で胸をたたく?カバンを検査する?高価なカメラを没収?BTSのコンサートに参加する韓国人ファンには権利がないの?」

多くの韓国人ARMYがBTS(防弾少年団)の所属するBigHitエンターテインメントに、「セキュリティーを改善してほしい。」と要求している。

しかし運営側は、ボディーチェックする際は、同性のセキュリティ・スタッフがボディーチェックをおこなっており、セクハラなどの不適切な行動はとっていないと説明。

「ボディーチェックはセクハラではないわ。北米では、コンサート会場でボディーチェックされることはよくあるし。コンサートに来ているファンや、アーティストを守るために行われているの」とコメントしているファンもおり、アーティストやファンを危険から守るために、ボディーチェックは必要だという意見もあるようだ。