BTS(防弾少年団)秋元康とコラボが中止になったのは、ファンの不買運動だけ!?いったい、真相はどこにあるのか。

BTS 防弾少年団

韓国の人気ヒップホップアイドルグループBTS(防弾少年団)に、秋元康氏が作詞提供をした新曲『Bird』が発売中止となった。

事務所からは制作上の都合と発表されているが、実際にはこの背景に、どのような動きがあったのか。真相を探っていきたい。

BTS 防弾少年団

「『bird』はBTSの新作シングル中に、日本版オリジナル曲として発売される予定でした。彼らのファンはARMY(アーミー)と呼ばれます。その中で、韓国のARMYが秋元氏とBTSのコラボを問題視し、不買運動を起こし、それが日本のファンにも拡がる形となったといわれています。その理由として、秋元氏の歌詞に女性蔑視の傾向が見られる、秋元氏が現在の日本の安倍政権に近い右派的な人物であるとみなされたためといわれています」-音楽ライター

しかし、多くのみなさんも思っているだろうが、ファンの不買運動ひとつでCDが発売中止にまで至るものなのだろうか。

 

「CDはかつてのように誰もが買ってくれるわけではありません。特定のファンが買ってくれることにより成り立つメディアだといえるでしょう。さらに、韓国のARMYは秋元氏の作詞提供曲の入ったシングルばかりではなく、BTSの所属事務所を含めたすべての商品をボイコットすると宣言していました。BTSはもともとインディーな立場から現在の立場までのし上がったグループですから、ファンの思い入れも強いのかもしれません」-音楽ライター

この件について、ネット上では「ファンの反応だけで、発売中止まで持っていくのはさすがにやりすぎじゃない?」といった声がある一方で、「気持ちはわかる。やはり交わって欲しくない人物はいるよな」といった、発売中止に納得している人の声も寄せられていた。

ミュージシャンの活動に、ファンの思いはどこまで反映されるべきかをめぐっては今後も議論を呼び起こしそうだ。