BTS(防弾少年団)「ホソク」、1度BTSを離れていた!?本当はBTSとしてデビューする予定ではなかった。

世界的人気を誇るK-POPボーイズグループBTS(防弾少年団)のラッパー「ホソク」は、以前、一度グループを離れたことがあると話している。

今年配信された「BTS’s Burn the Stage」のエピソードで、BTSのメンバーが集まって食事をしながら、過去のおもしろ話を披露していた。

その際に、ジミンがホソクに、「僕たちはグループを辞めさせられる直前だったよね」と笑って話した。

それに対してホソクも笑いながら「もうその時には辞めるって決めていたよ」と、彼がデビュー時のメンバーから外れてしまった時のことを話はじめた。

グループを外れると決まったとき、ホソクは自らメンバーに報告したそうだ。

その時、「ジョングクと抱き合いながらすごく泣いていたのを覚えている」と語った。

リーダーのRMは、その知らせを聞きすぐにBigHitのマネジメントに駆け寄ったという。

そして彼らにとってホソクがどれだけ必要なのかを説明。彼をグループに戻してほしいとお願いしたそうだ。

「ぼくたちにはチョン・ホソクが必要なんです。彼がいないとチームではなくなってしまうんです。ってすごく頑張って説得したんだ」-RM

RMが説得したおかげもあって、ホソクはメンバーを信じてもう一度頑張ると決め、BTSのメンバーに加わったそうだ。

「あー本当にあの時、みんなのことを信じていたから、またグループに戻るって決めたんだ。長い間一緒に頑張ってきたし、なによりも、みんながそばにいてくれたから」-ホソク

BTSのメンバーは、デビュー前からグループの絆が深かったようだ。

こういったメンバー同士を思いやる気持ちが、今の世界的活躍にもつながっているのだろう。